Kyoto JAPAN

tel 075 351 1116

E-mail office@kenzomakino.com

張さんの四坪庭

2018|Garden|坪庭スケールの庭園と既存環境を調整する囲障の増築

住宅の前面のスペースに、門扉の役割と庭園の背景としての役割を持った囲障を増築する計画。

既存の住宅の前面道路側には、間口5m、奥行き4.5m程度の車2台を停められるほどの空地があったが、クライアントは自分たちにとって駐車スペースは必要なく、そのかわり、その場所に日本的な庭園を設けたいと考えていた。また、既存のエクステリアデザインや住宅の印象を変え、魅力的なアプローチ空間へ改修することを望んでいた。

まず、私たちは既存の空地の中に格子の引き戸で囲われた正方形を計画し、外部空間全体を二通りに特徴付けた。正方形の中は坪庭のように庭園を計画できるスペースとし、正方形の外は母屋や隣地との境界との間に各方位によって適切な関係を作るためのスペースとした。自転車や室外機、掃除道具など、必要であるが庭園との相性が好ましくないものは格子の裏に収納することができ、必要な時には容易に取り出すことができる。

格子で囲われた正方形の四方に軒を出す。軒とも屋根ともつかないこの部分は、一般的な屋根の棟包み程度の寸法でありガルバリウム鋼板1枚でシームレスに覆い止水することができる。道路側から見ると、この囲障は小さな建築物のような佇まいを持つ。母屋が単体で主張していた以前の風景を和らげ、母屋、新しい囲障、庭園、既存の塀、ポストなどが関係性を持って繋がった一群の住環境とする。そうすることで、母屋に手を付けることなく環境の質を変えようとしている。

この計画では、既存住宅の敷地内に新しく作られる庭園と既存環境を調停する建築を実現することのほか、京都の景観的課題と法的要請の間にひとつのプロトタイプとなる解法を提示することを目指している。
準防火地域で延焼のおそれのある部分に防火袖壁を設けず、木製建具によって囲われた木質の空間を実現するために高さ2m以下としている。なおかつ、3寸の勾配を持った屋根を掛け、建具高さを最大限確保しながら3.64mのスパンを飛ばす。また、この計画では不燃処理された木材を使っていない。これらを全て満たすために柱梁を鉄骨造としている。梁をCT型鋼とすることで、梁の断面性能と形状を、屋根の断面形状と合わせ、下地材の設置もコンパクトで合理的なものとしている。
京都の市街地において、勾配屋根を持った門扉を木質で実現することは難度が高いが、同様または類似した状況への解法のひとつとして一般化できればと考えている。
所在地
京都市
主用途
囲障・庭園
規模・構造
鉄骨造
建築施工
株式会社再京建設
造園設計・施工
株式会社曽根造園
構造監修
柳室純構造設計
写真
矢野紀行写真事務所